極東産機(株) 東証JASDAQ上場記念 
 

 <繁盛畳店様 見学会&セミナー> 


2019年5月25日(土)

 

「熊本会場」開催報告レポート

 

会場:熊本県宇城市 室内美装さいとう(株)様

 

 

沢山ののぼりが特徴の室内美装さいとう(株)様にて

『繁盛畳店様見学会』&

『繁盛店に学ぶ畳店経営セミナー』を開催しました

 


 

 <畳機械「スーパーミニライン」実演> 

 

一人で一日50枚製造できる「スーパーミニライン」を

実演して頂きました

 

 

コンピューター式框裁断付框縫機

『マルチロボットKT』で框縫いを行います

 

 

「両用ロボット」と2台で

1人で1時間に6~7畳製造可能です

 

 

 

スーパーミニライン 紹介動画

「両用ロボット」&「マルチロボット」

↓ 動画はここをクリック ↓

 

 

両用ロボットVICTORY 詳細はこちら

↓ 詳細はここをクリック ↓

 

 

 <畳表ブラッシング機「畳美人」実演> 

 

 

畳業界唯一の「往復」ブラッシング機能付き

「畳美人」でイ泥がきれいになります

 

 < 畳ブラッシング機 「畳美人」> 

↓ 詳しくはここをクリック ↓

 

九州全域から沢山の皆様にご来場いただきました

 

 

 

 

<繁盛店に学ぶ畳店経営セミナー>


<極東産機株式会社 代表取締役 頃安 雅樹 講演>

 

 

昼食後の「繁盛店に学ぶ畳店経営セミナー」は、

皆様熱心に聞いて頂きました。
 

上場審査を経て確信した

「勝ち残り発展する畳店のなすべきこと」

と題して講演しました

 

 

上場審査の過程で質問されたこと:

「畳市場の縮小傾向の中、どのように成長戦略を維持し 発展していくのか?」

これは畳店さん自身も常に自問自答されていることと思います。

 

この業界、やり方次第では更に発展していくことが可能であって

当社の「構造改革提案」 に従って業績を伸ばし

後継者を育成して発展しておられる畳店さんが多数あること

その結果として当社も業績を伸ばしていることを説明し

理解してもらえました。

 

構造改革の基本は、畳店さんが発想の転換を行った上で、

以下の「4つの差別化戦略」を 実践することに他なりません。 

1、生産の超近代化

2、営業力の強化

3、事業の多角化

4、取扱い商品の多様化

 

 

 詳しい内容はこの映像をご覧ください 

「畳店の構造改革」紹介動画

↓ 動画はここをクリック ↓


 

 

<熊本県宇城市 室内美装さいとう(株) 代表取締役 鐘ヶ江 準一 様>

 

 

「夫婦で構造改革を実践中です!

と題して講演して頂きました

 

 

奥様はきれいなショールームを工夫され

受付と事務全般を行いながら

ふすま・障子・網戸の張替も担当されています

 

 <室内美装さいとう(株)様 ホームページ> 

↓ ホームページはここをクリック ↓

http://tatami-saito.com/

 

 

 

< 当店の紹介 >


熊本県宇城市内(人口59,119人・24,155世帯)を商圏とする

市内畳店数10店

昭和8年:初代 斉藤万次郎が創業

昭和40年代:二代目斉藤和義 斉藤畳工業に改名

平成7年:結婚して家内の実家の畳店を手伝う

平成20年:室内美装さいとう(株)設立

 

 

< 平成26年 当時の状況 >


・売上の50%がクロス工事で仕事に困らなかった

・朝から夜まで忙しく休みも取れない

・セミナーに参加し独学でPR活動をおこなっていた

・あまり危機感が無かったが

 熊本市内の畳店からチラシが入るようになった

 

 

< 構造改革を実施するにあたっての不安 >

・この地域で本当に掘り起こしができるのかどうか?

・チラシの効果はあるのか?

・この不景気な時代で新築の畳の部屋も減少しているのに

 実施して大丈夫なのか?

・売上減少の時に新たに設備投資をして

 支払っていけるかどうか?

 

 

< 構造改革を決断した理由 >

・売上げが伸び悩む

・クロス仕事が中心でカラダが疲れる

・利益の取れる畳仕事を中心にしたい!

・平成29年7月 「構造改革」スタート

 スーパーミニライン + キョクトー個別コンサル導入

 

 

< 構造改革で学んだ事 >

・家族の意識改革・・・職人体質からの脱却

・コンサルを受け個人客獲得手法を学ぶ

・お客様への応対、見積方法など

畳にシフトのため屋号、ロゴの統一

・ふすま、障子、網戸に積極的に取組む

・年間計画を策定し実績管理をパソコンで徹底して行う

・価格の見直し

・新聞折込チラシ実施

・ショールーム開設

 

 

< 構造改革して良かった事 >

・個人客仕事が増えて、畳ふすま中心の仕事に変わった

・新規個人客が大幅に増えた

・高性能ロボットのおかげで時間に余裕ができた

・毎月の売上管理ができた

・個人客の平均単価がアップした

 国産表がメインとなり利益体質になる

・来店客が増えてきた

・全国のキョクトー「構造改革店」仲間と交流し

 情報交換できるようになった

 

 

・お客様の要望に応えるために「畳乾燥機」追加導入

・積極的に地域貢献もしています

 

 

< これだけは伝えておきたい事 >

1日50枚作れる設備があると

12枚なら楽に午前中に作れて

午後は営業にたっぷり時間がとれる!

客先で1~1.5時間話し込んで親密になると

いろんな仕事を取れるような関係になれます

 

< 今後の展開と夢 >

・顧客向けの展示会を開催する

 来店客を増やしファン作りをする

子供が後を継ぎたいと思うような会社にする

 

 

鐘ヶ江 準一 様

ご夫婦二人でなんでも素直に取り組み

積極的に実施されてきた成果がよく判りました

貴重なご経験をお話いただき

誠にありがとうございました!

 

 

<極東産機株式会社 森田 孝雄 コンサルタント 講演>

 

 

今日から活用する「繁盛店の法則」

と題して発表しました。

 

 

実際のコンサルティング先の

新聞折込チラシ・DM・看板・ホームページ等の

具体例を示し、作成するポイントや効果を説明しました。

 

 

 <セミナー参加者の声> 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「構造改革」資料請求・畳機械カタログ 

 お問い合わせはこちら 

 

 


畳仕事が低迷する中

何かヒントを得ようとする畳店で賑わい

今後の展示会も注目が集まりそうです。